同級生と再開した時に感じる焦りというやっかいなヤツ

大学を卒業して10年近くも経つと、活躍している同級生や

その道の専門家として一人前になっている同級生の話題が

聞かれるようになる。

 

他人と比較するな、自分の人生なんだから自分のことを考えろ

なんていう言葉はもっともで、あたりまえなんだけど

ただ、そうはいかないのが人間だろう。

 

SNSを開けば、Facebookが際限なく同級生や知人の

活躍を知らせてくる。

 

活躍しなきゃ、活躍したい、という強迫観念のようなものに

四六時中追いかけられているようで疲れる。

 

なんで、みんなは活躍しているのに、僕だけ夜中のオフィスで

PCに向かって退屈な仕事に時間を取られているんだろう。

 

取り残された感に、とてつもない焦りを感じる時間だ。

 

冷静さと勇気が欲しい。